もしかしてEDかも…いつ受診すべき?

EDに関しては男のプライドもあり、もしかしてEDかも?と感じてはいるものの、中々そうであるという事を認めたくなかったりする為、何だかんだと理由を付けてそのままにし、反面このままではいけないと治療を考えている自分もいたりとその部分で葛藤される方は非常に多いと思います。しかし、勃起力の低下は年齢とともにいつかは自然に訪れる症状なので、性病のようにちょっと後ろめたい気持ちを感じる必要もなければ、若さの喪失を示すものでもないのです。

「これはEDなのか!?」

EDとは、陰茎を勃起させる海綿体へ血液を送り込む機能が低下した状態を指し、これはいわば血管の病気と言えます。勃起に関わる血管は細いので、40代前半以降になると動脈硬化などのサインとして症状が現れ始めます。医師のアドバイスと治療を受けることで、生活の質全体を高めることにもつながるため、「もしかしたらEDかも…」と感じたり「中折れ」が起こるものの、最終的には満足して終えることができるという状況だという程度であっても、最も重要なことは本人とパートナーの満足度といえるので、もし、勃起力の低下がもたらす不安によりセックスを楽しく感じられなかったり、夫婦のコミュニケーションを損ねているのなら、気軽に専門家に相談するのが良いです。

「病院やクリニック等での診察では何をするのか?」

病院やクリニックにおいてどの様な診察を行うのか?というところを心配されますが、実際に看護師さんの前でパンツを脱ぐことになるかも!と思うとためらってしまうという人も中にはいます。しかし、実際の診察ではそういった事は一切なく、「国際勃起機能スコア(IIEF)」と呼ばれる問診票に答えるだけです。この国際勃起機能スコア(IIEF)は、現在では地域の診療所を含め多くの医療機関で採用されており、5つの項目について5段階で評価するもので満点は25点です。そのうち21点以下で「EDが疑われる」とされます。また、IIEFに基づく自己診断プログラムは、製薬企業などがWebサイトで公開されており、「ED セルフチェック」「ED 診断基準」といったキーワードで検索すれば、すぐに試してみることができますが、病院やクリニックでは、この他に勃起の硬さ指標などを組み合わせて総合的に診断されます。

硬さの評価は4段階のグレードに分けられており、以下の通りです。

      グレード1:陰茎は大きくなるが硬くなく、イメージとしてはこんにゃくの様
      グレード2:陰茎は堅いが挿入に十分な程硬くは無く、イメージとしてはみかんの様
      グレード3:陰茎は挿入するには十分に硬いが完全には硬くなく、イメージとしてはグレープフルーツの様
      グレード4:陰茎は完全に硬く硬直していて、イメージとしてはりんごの様

「EDと診断された場合」

EDと診断された場合、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」といったED改善薬による治療の対象となります。EDは生活習慣病のサインであるともされ、検査してみると肥満、血糖値上昇、高血圧、喫煙習慣などが放置されていることが多いです。主治医と相談しながら生活改善に取り組むことで、EDが改善するケースも多くあります。

また最近知られるようになった、いわゆる男性更年期障害のサインの1つとして、「セックスが楽しくない」「性交の欲求が起きない」といった事が挙げられています。これを放置しておくと「うつ病」と類似した精神症状を引き起こす事もあります。そして、最近の研究では、ED治療薬が精巣機能を改善する可能性があることも明らかになっています。ED治療には時間が掛かる為、プライドも大事ですが、自身のカラダの方が大事ですのでEDになっても恥ずかしがらず、早め早めに専門家に相談することが大切です。

カマグラゴールド100mg製品情報一覧(送料無料・郵便局留めあり)

カマグラゴールド

カマグラゴールド100㎎

  • 100mg 4錠:2,980円
  • 100mg 12錠:3,980円
  • 100mg 28錠:6,980円

正規購入サイトはこちら

HOME

最安値サイトへ

先頭へ戻る